介護の現実知りたい? マナミの介護日記

特別養護老人ホーム勤務。現役介護士が日々の仕事を通し介護現場の実態を明らかにしていきます。

介護業界の闇

こんばんは。

この業界、閉鎖的だから業界内にいない方には全く見えない。だからこそ闇の部分が多々あると思います。

介護職の待遇や実態のみならず認知症の方々の生活・職員との関わり、家族の思いや入所後の親子の関わりなど…本当はもっと世間一般に知っていただき皆で考える事が必要なのだと思います。


入所後は家族さえ面会に来ない。そんな家庭も多い。
自分の親が今はどんな状態なのか知りたいとさえ思わないのでしょうか?


介護の闇…ある記事より

それは経営者とおっしゃる方が書いた記事で介護職員による事件を取り上げてのモノ。
介護の闇は介護職員の質の悪さによるもの、そんな記事でした。

介護職は他で使い物にならない人間の集まり、中には

【ボランティア精神をもって仕事に取り組んでいる】

職員もいる。以前は介護福祉士を持っている職員の質は高かったが最近は介護福祉士を持っていても質の悪い職員が増えてきた。

要約するとこんな感じ…ボランティア精神に過敏に反応してしまったため、細かいニュアンスは違うのかもしれない。

介護を語るとき必ず出るキーワード!
ボランティア精神…とは?

一体どんな意味で使われているのでしょう。
ありがたくやらせていただきます。ならどんな仕事も同じ…


自己犠牲的な意味で使われているのだとしたら?

それこそが介護業界の闇を生んでいる根本だと思います。

a href="//care.blogmura.com/carer/ranking_out.html" target="_blank">にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村追記