介護の現実知りたい? マナミの介護日記

特別養護老人ホーム勤務。現役介護士が日々の仕事を通し介護現場の実態を明らかにしていきます。

気持ちのゆとり

f:id:luna-creciente89:20161019111251j:plain


おはようございます。

なかなか更新できず日にちが経ってしまいました。

今日は気持ちのゆとりなんですが、介護職は技術も必要だけれど精神的ゆとりがないと出来ない仕事、というか本当はやっちゃいけないよねって思います。

介護職に一番必要な研修は精神修行!なんて(笑)

介護職の事件が報道されるたび思います。精神的に余裕がなくなったんだなって…
そして事件を起こす前に辞めれば良かったのに…って

本当は認知症高齢者の状態を知って頂くには嘘偽りのない日常を撮影したムービーが一番だと思っています。ですがそれは出来ません。守秘義務や個人情報などの問題になってくるからです。

もちろん気持ちにゆとりのある職員もいますし、一人の職員が常にゆとりがないわけではありません。
ですが常に一人で対応していると話す相手は認知症の高齢者のみになります。

こちらの言うことがわからない。
自分だけ(高齢者)が話しこちらの話には耳も貸さない。
都合が悪くなるとわからないふり?をする。
常に妄想のみを話す。
暴言を吐く。等々…

普通の会話が成立しないのですから、必要があって言葉をかけてもストレスが溜まる一方です。まして勝手に話を作り上げては暴言を吐かれてはいい加減にしろ!とか思います。

誤解のないように言っておきますが、全ての認知症高齢者ではありません。ですが認知が進むとそんな症状が出たりします。


しかし暴言を吐かれても言い返せない・殴られても殴り返せない・人権も人間の尊厳なんてものもないのが介護職!

悪口なども言われるまま、暴力を振るわれるまま何があっても笑顔で耐えるのが介護職…それで給料手取り18万とか
人間扱いされてるんでしょうか私達って常に思います。


以前見つけたコメント
介護職員の仕事って極端に言うと「殴られても蹴られても笑顔のままで、罵倒されても謝り続けて、生死の境目に立ってる緊張感がハンパなくて、感染症もらうリスクも高くて、いつ事故だ虐待だって訴えられるかもしれなくて、低待遇や労働環境のことに愚痴を言っても世間の理解は薄い」てことだと思う。

言い得ているのでブログにアップ!しちゃいましたけど…

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村